テーマの設定を行う

ワードプレスで全体のレイアウトやデザインを変えるためには「テーマ」からテンプレートを選んできて設定する必要があります。

初期状態でも何個かインストールされていますが、他にも数多くあるため、好きなテーマを設定しましょう。

ここでは、無料で日本の初心者向けで有名な「Lightning」というテーマを用いて設定方法を解説していきます。

テーマのインストール

① 管理画面で「外観」にカーソルを合わせます。
② 右側にメニューが出てくるので「テーマ」をクリックします。


③ テーマ画面で「新規追加」をクリックします。


④ 検索ボックスに「Lightning」を入力します。
⑤ Lightningテーマが表示されたら「インストール」をクリックします。


⑥ インストールが完了したら「有効化」して設定完了です。

Lightning専用プラグインのインストール

Lightningには便利な拡張プラグインがあります。

拡張プラグインをインストールすると、SNSとの連携やGoogle自動広告の挿入を簡単に行えます。

① Lightningを有効化すると「VK All in One Expansion Unit」の通知がされるため「プラグインのインストールを開始」をクリックします。


② 以下の画面の通りチェックします。
③ インストールを選択します。
④ 適用します。


⑤ インストールが完了したら「必須プラグインのインストール画面に戻る」をクリックします。


⑥ 以下の画面の通りチェックします。
⑦ 有効化を選択します。
⑧ 適用します。


⑨ 有効化が完了したら「ダッシュボードに戻る」をクリックします。


⑩ 日本語表示にするために「更新」をクリックします。


⑪ WordPressの更新画面で「翻訳を更新」をクリックします。


⑫ ExUnitにて、SNSとの連携、Analyticsの設定、Google自動広告の挿入など、ブログに必要な機能の設定を行えます。

子テーマの作成

インストールしたテーマを直接カスタマイズすると、アップデートの時に上書きされてしまい、設定が戻ってしまう場合があります。

せっかくの設定が戻らないように子テーマを作成してからカスタマイズを行っていきましょう。

フォルダーの作成

子テーマを作るためには親テーマと同じ階層にフォルダーを作成する必要があります。

フォルダーの作成はFFFTP等のファイル転送ソフトを使って行います。

参考 : エックスサーバーでのFFFTP設定手順

また、ワードプレスのテーマは「/wp-content/themes」に格納されています。

※ エックスサーバーのWordPress簡単インストールを使った場合は「/ドメイン名/public_html/wp-content/themes」になります。

テーマが格納されているフォルダーにたどり着いたら何もない箇所で右クリックをしてフォルダーを作成します。


ここでは、lightningの子テーマを作成するため「lightning-child」という名前のフォルダーにします。

style.cssの作成

子テーマには2種類のファイルが必要になります。

そのうちの1つが「style.css」です。

作成したファイルに以下の内容を記述してください。

  • Theme Name : 子テーマの名前
  • Template : 親テーマのフォルダー名

Lightningの場合は以下の記述になります。

functions.phpの作成

2つ目のファイル「functions.php」を作成します。

以下を記述します。

 

ファイルのアップロード

作成した2つのファイルをFFFTPを使って「/wp-content/themes/lightning-child」にアップロードします。

子テーマの有効化

ワードプレス管理画面に戻ると「Lightning Child」という子テーマが出来上がっているので有効化して設定完了です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA